• Tel (059) 336-2404
  • Fax (059) 336-2405
  • Access
訪問診療を ご希望の方へ
Our Blog post image goes here
            
         
      
 

Tel 059-336-2404

まずはお電話でお問い合わせください

 

①ご自宅で療養されている方

ご自宅で療養されている方は、当院に直接お電話をいただくか、ケアマネジャーまたは訪問看護師にご相談ください。
ご病状、住所、氏名、連絡先、ご紹介状の有無などをおたずねします。皆様のお悩みや心配事もお聞かせ下さい。ご都合の良い日に相談外来の予約をとらせて頂きます。

②現在入院中の方

入院中の方は、各病院の地域連携室にご相談ください。退院前に入院先の病院にて、カンファレンスを行う場合もあります。
ご家族と共に、当院の医師・看護師がかけつけます。病院側の医師・看護師や、時には訪問看護ステーションの看護師、ケアマネジャーも参加し、情報共有を行います。皆で話をしますので、安心して在宅医療を始めて頂くことができます。

③その後の流れ

看護師や相談員が在宅医療のしくみについて、ご説明します。ご家族の方のみの相談も可能です。ご来院の際には、保険証(健康保険証、介護保険証、医療費受給者証、身体障害者手帳など各自がお持ちの保険証)を持参してください。
ご来院が難しい場合は、直接ご自宅にお伺いすることも可能です。ご依頼があれば、訪問看護師の手配や介護保険のご説明も致します。

④初回訪問について

在宅医療にご同意をいただいた後、医師が初回往診を行います。在宅療養計画書を作成し、定期的な訪問診療を開始します。
不安なことや、疑問などがございましたら、その都度ご質問下さい。患者様にとりまして良い方法を一緒に考えていきます。

自宅で可能な処置・管理

在宅医療では医療機器の発達や改良に伴い、入院中とほぼ同様の治療が可能となっています。
また、以下に挙げるような処置や検査は在宅でも行うことが可能です。

●血液検査、尿検査  ●各種薬剤の点滴、注射  ●人工呼吸器の管理  ●中心静脈栄養  ●経管栄養(胃瘻) ●気管内吸引  ●浣腸、摘便  ●気管切開後の気管カニューレ管理  ●在宅酸素療法  ●腹水穿刺、胸水穿刺 ●褥瘡(床ずれ)の処置、創傷処置 ●尿カテーテル、腎瘻の管理・処置、導尿  ●人工肛門の管理 ●在宅ホスピスケア ●脳卒中、脳腫瘍等の継続的加療 ●超音波検査、心電図  ●認知症、パーキンソン病等の神経難病の加療  ●高血圧、糖尿病等慢性疾患に対する継続的加療